Windows 10 と Ubuntu 18.04 のデュアルブート環境からUbuntuを削除する方法【UEFI環境用】

Windows 10 と Ubuntu 18.04 のデュアルブート環境からUbuntuを削除した際の記録
H.KAMIYAMA
@alclimb

1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動

1.png 1.png

2. bcdeditコマンドでUbuntuのブートを削除

(1) bcdedit /enum firmwareコマンドを実行
コマンドプロンプト
> bcdedit /enum firmware
(2) 以下の様にdescriptionubuntuの項目を探す
コマンドプロンプト
ファームウェア アプリケーション (101fffff -------------------------------- identifier {9a06a22a-1592-11e9-8293-806e6f6e6963} device partition=\Device\HarddiskVolume1 path \EFI\ubuntu\shimx64.efi description ubuntu
(3) 上記のidentifier{9a06a22a-1592-11e9-8293-806e6f6e6963}を使用して削除

(identifierの値は環境によって変わるため都度確認すること)

コマンドプロンプト
> bcdedit /delete {9a06a22a-1592-11e9-8293-806e6f6e6963}

削除後にOSを再起動してブート時にUbuntuが表示されずに、Windowsが起動することを確認する。

3. Ubuntuパーティションの削除

(1) スタートメニューを右クリックして『ディスクの管理』を起動

2.png 2.png

(2) Ubuntuのインストールしてあるパーティションを削除

削除対象を間違えると元に戻せないので慎重に!

3.png 3.png

image.png image.png


以上で完了。

WRITER
H.KAMIYAMA
@alclimb
SERIES
この記事に連載はありません。
READ NEXT
COMMENTS
コメント機能は開発中です。実装完了まで今しばらくお待ちください。