機械学習のためのGoogle製オープンソースライブラリであるTensorFlowをインストールしてみた

H.KAMIYAMA
@alclimb

この記事はTensorFlowのインストール備忘録です。公式の Installing TensorFlow on Windows を参考にインストールしました。

TensorFlow (テンソルフロー) とは

TensorFlow とは、人間が用いる学習や論理的思考と似たようにパターンや相関を検出し解釈するニューラルネットワークを構築・訓練することができる機械学習ライブラリ。

環境

以下の環境にTensorFlowをインストールしました。

TensorFlowのインストール

TensorFlowのインストーラには通常版(CPU版)とNVIDIAのGPUを使った高速版の2種類が存在します。

  • TensorFlow with CPU support only
  • TensorFlow with GPU support

GPU版 には CUDA® Toolki などのインストールが必要で面倒なため、私は CPU only版 をインストールしました。

PowerShellにて以下のコマンドを実行してCPU版をインストールします:

> pip3 install --upgrade tensorflow

インストールを検証する

PowerShellから次のようにpythonを呼び出します:

> python

Pythonインタラクティブシェルの中に以下の短いプログラムを入力します:

>>> import tensorflow as tf
>>> hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
>>> sess = tf.Session()
>>> print(sess.run(hello))

TensorFlowが正常にインストールされていると以下の文字列が出力されます:

Hello, TensorFlow!
WRITER
H.KAMIYAMA
@alclimb
SERIES
この記事に連載はありません。
READ NEXT
COMMENTS
コメント機能は開発中です。実装完了まで今しばらくお待ちください。