嫁の絵まとめ その1

Pnyompen
@pnyompen

ニートの男

Neet
1989-2019年頃 | 水彩・カンヴァス | 高51.4×幅45.7px
薄暗い室内にひとり腰掛ける男はマウスを握り、キーボードをかき鳴らす。こちらに視線を向ける様子は見るものの想像力を掻き立てる。モニター越しに何かを見つめているのか、それとも耳を澄まし、音を追うことに注力しているのか。

A040D079-961A-4FCD-9F7C-1E22578D25F4.jpeg A040D079-961A-4FCD-9F7C-1E22578D25F4.jpeg

汚いやかん

Dirty kettle
2018年 | デジタル・iPad | 高143×幅130px
初期作の1つである本作は、それまで人物画に取り組んでいた嫁がはじめて描いたやかん画である。当時、夫がやかんを洗わないことで、汚いやかんが数多く制作され、嫁もそうした時流の中でこの絵を描いた。黒く鈍い光、こびりついた汚れなど、後に嫁が確立する表現の萌芽がすでに散見される。

B3B1A98B-891B-44B5-8B54-BA8B229444D5.jpeg B3B1A98B-891B-44B5-8B54-BA8B229444D5.jpeg

オナオナ

Ona-ona
2018年 | デジタル・i板 | 高143×幅130px
白いカーテンがふわりと掛かる窓辺からやわらかな光がさしこむ。室内に立ちすくむオナオナはただ佇みこちらを見つめている。かすかにほころぶ口元と宙を見るような甘い眼差し。オナオナが見せるふとした表情を嫁は静寂の中に描き出している。斬新な構図は画家の空間表現へのこだわりを物語る。

BA550EDB-B95A-4F10-A2A0-8965BEF242FD.png BA550EDB-B95A-4F10-A2A0-8965BEF242FD.png

WRITER
Pnyompen
@pnyompen
SERIES
この記事に連載はありません。
READ NEXT
COMMENTS
コメント機能は開発中です。実装完了まで今しばらくお待ちください。